ヴィパッサナーについて: 座る瞑想、姿勢のゆがみ、ねじれの感覚

座る瞑想をしていて、これまで、姿勢が整っていないと感じてしまうことが多かった。

具体的にはゆがみの感覚があった。いつもだいたい体の左側に問題が出るのだが、左肩が下がっているように感じるし、左側の首から肩にかけて、前方にぐにゅっとねじれていると感じる。
数値で言えば、何十度かねじっているのではないか、というようなくらいに感じられていた。

こういう感覚があると、微かに動かして調整するということを繰り返していたし、どうも完ぺきではないという思いに付きまとわれていた。姿勢へのこだわりが非常に強かった。

(スマナサーラ長老の手法では、ヴィパッサナーをやるときは、《死体を演じる》ので、動かすのはご法度である。死体は動かない。動かしたいという欲、衝動自体に気付くことが重要ということ。それに反応してしまわずに)


瞑想中にはこれに限らず様々なことが生じるが、この思いは、感覚的に、はっきりとした【事実】のように感じられていた。私は姿勢の悪い人間であるから、当然のことのようにも思っていた。

が、最近、これ自体がある種の認知、幻覚なのではないかと思って、その感覚に気付き(サティという)を入れるようにした。

すると、数分以上はかかるが、少しずつ、その歪みの幅が小さくなっていくように感じるというか、その歪みの認知、その強烈さみたいなのが収まっていくというか、最後は、気にならなくなる。歪んでいないという感覚に至る。 いや、歪んでいる、ねじれている、という感覚が消える。

この間、一度も体を動かしていない。(その後、なぜか若干、腰回りなどがふっとずれたりする。ねじれ、ゆがみの感覚の底に、腰のことがあるのか)
 
まさに、事実と思いなしながらの、幻覚であった。

認識していた歪み、ねじれの強度からすれば幻覚であろうというのは、当然のことなのだが、そのリアリティが強烈すぎて、「絶対に歪んでいる」という感じになってしまうのが常だった。これは、座る瞑想を始めた当初から、波はあるが、いつもどこかで感じていたものだった。

それがふっと消えるなんて不思議。耐え難い感覚にさえなっていたのに。


そうして、この幻覚、ゆがみの認知が消えた後の自分の姿勢には、何ら疑問を感じない、ふっとまっすぐにいられるという状態になってた。

ヴィパッサナーは本当に、不思議な認識訓練であるなぁ。瞑想という言葉よりも、気付きの実践の方がしっくりくるな。気付きの実践、認識の訓練。



私は姿勢が非常に悪い人間で、ものすごい猫背だったり、それこそ小学校の頃に担任に、みんなの前に立たされて、どっちかの肩が下がっている、と指摘されたりしたことがあるくらいなのだが、そのくせ、その裏に、姿勢への非常に強烈な何かがあったのだと思いいたる。醜いからこそ、美しさへの希求があった、のかもしれない。


実は、冥想を始めると、我々の性格の中にある 「弱いところ」 がまず出てくるんです。」 と、スマナサーラ長老がおっしゃっているが、これを読んでから、そのように思いなし、出てくる問題それ自体にしっかり気付くようにし始めているが、まさにその通りなのだなぁと思う。


さて、このようになんとなくプログレスした感があるこの数日だが、姿勢の幻覚が消えたとたんに《このことを人に話したい》という欲が強烈にわいて、その妄想が何度も浮かんだ。Twitterに書くとか。その文章が頭に流れてしまう。そして今書いている。

ので、私の次の弱い点は、「人に理解してほしい、聞いてほしい、伝えたい、分かってほしい」という欲望である。

ま、小説を書く人間なのだし、当たり前に強く持っている欲であるが、何だろうね、理解を求めるところは昔から非常に強い。わかってほしいという気持ち。認めてほしいという気持ち。

いわゆる承認欲求といえばいいのか。この言葉はバズワードだと思っているが、私はそういうところが多いし、そうじゃなきゃこうしてブログも書かないし、ついーよもしない。

ま、その他の妄想もすごいので、これがまた現れたら、気づきましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

ラベリング瞑想という言葉やラベリングにまつわる問題について

熱海仏法学舎でのヴィパッサナー瞑想合宿に参加したので情報共有

慈悲の瞑想 フルバージョン